本を売るならいつがいい?ベストな三つのタイミング!

漫画の買い取りで一番高く買い取りしてもらえるタイミングとはいつなのか、書棚に多くの作品をもてあましているのであれば気になるところでしょう。
古本買取価格は変動するもので、常に一定なわけではありません。
だからこそ、本を売るならピーク時に買い取りをしてもらうのが、金銭的な利点が大きくなるのです。
それではそのタイミングとはいつなのか、それは主に三つの時期に分かれます。

まず一つ目は、作品が最終刊を迎えたときです。
なぜかというとこのタイミングで全巻買いそろえたいという人が出てくるため一時的に買い手が多くなります。
そういう時だと買取価格も通常よりよくなります。

そして二つ目は、漫画がアニメ化などをした時です。
アニメ化お最近では映画化などは、その漫画のブランド価値をあげることにつながります。
だから今まで興味がなかった人も読んでみようという動機につながるのです。
このときも買い手が多くなりさらに放送や放映期間中も注目度は持続します。

三つ目は、テレビで取り上げられたタイミングです。
最近では芸能人が私物の漫画を紹介したりなど企画もありそういう場合、漫画への注目がネットやSNSで急上昇します。
短期的なものがほとんどですが、本を売るタイミングを逃さないための一つのタイミングになるでしょう。
参考にしてくださいね。

出典:本を売るなら.com

本を売るならブックオフが楽ちん

古本を売りたい…と考えている方も多いと思います。
売る方法としてはさまざまな方法があります。

古本を売るなら、やはりおすすめできるのがブックオフ買取です。

なぜブックオフに売ることをおすすめするのかというと、まずブックオフの場合、お店に来店して買い取ってもらうことが出来るので、とてもスムーズです。
ネットの買取もありますが、この場合、宅配の準備をしたり、梱包をすることがとても面倒です。

アマゾンでも古本を買い取ってもらうことは出来ますが、この場合も注文が来てから梱包をして発送をする必要があるので、手間がかかってしまいます。

しかし、ブックオフなら、その場で買い取ってもらうことができて、そしてすぐにその場で現金化することが出来ます。
カウンターでその場で現金化が出来ますので、急ぎの場合も即日で買い取ってもらうことが出来ます。

また、ブックオフなら全国チェーンのお店ですので、お住まいのエリアに店舗があることも多いです。
あまり店舗がないお店ならわざわざ出かけるのはとても大変です。

しかし、ブックオフなら店舗の数も多いですので、近くの店舗にすぐに売ることが出来ます。
このように本を売ろうと考えているなら、ブックオフがおすすめです。

本を売るならメルカリが高い

以前はいらなくなった本を処分する時には、買取店を利用するのが一般的でしたが、最近ではフリマアプリを利用して自分で売る方法も一般的になってきています。

フリマアプリと言っても色々なものがありますが、特にオススメなのはメルカリです。
その手軽さからメルカリは多くの人が利用しています。

買取店で本を売る方法は、手間が少ないなど様々なメリットがあります。
一方で買取店の場合はメルカリと比べて、買取価格は低くなる傾向があります。

その理由は簡単で、買取店は買取した本に利益分を上乗せした金額で売るわけです。
当然ですが実際の販売価格より買取価格は安くなってしまいます。

それに対してメルカリの場合は、相場さえ理解していれば買取店などが販売する金額に近い額で売れます。
買取店に売りに出すよりも高く売れる可能性が高まります。

メルカリで本を売るなら、値段を高くし過ぎて売れなかったり安く売りすぎて損をするという状況を避けるためにも、まず過去にどれくらいの値段で売られていたのかチェックして参考にした方がいいです。

また写真はなるべく綺麗に取るようにして商品の状態についてもしっかりと詳しく書くようにすると、買う側としては安心感があるので早めに売れる可能性が高まります。

買取店を利用するのと比べると、メルカリは出品や発送作業がある分だけ手間が掛かります。
その分だけ高く売れる可能性が高まるので。少しでも高く売りたいならメルカリの利用を検討してみてください。

本を売るならブックオフが便利!

本を売るならブックオフが便利です。
全国各地にお店がありますし、郊外の店舗などは広い駐車場が用意されていたりします。
大量の本を車に積んで売るのに便利です。

ブックオフは買い取り専用のコーナーがありますので、そこに持って行けば店員の方が受付をしてくれます。

受付の後に査定を受けるわけですが、売る本が多かったり、自分よりも前に買い取り依頼をしている人が居る場合には順番待ちになり、査定終了まで少し時間がかかります。
その間は店内をぶらぶらしたり、売られている漫画を読んだりして待ちましょう。

査定終了になると店内アナウンスで番号札で呼ばれますので、カウンターに行くと査定結果を知らせてくれます。
満足できる査定額ならば、その額で買い取ってもらえばよいですし、万が一不満なら断って持って帰る事もできます。

高く買い取ってもらえるなら売り、安いなら売らない、という気持ちでとりあえず査定に出してみる。
そういう利用の仕方でしたら、気軽に買い取りサービスを利用できるはずです。

ブックオフは比較的夜遅くまで営業している店舗が多いのも魅力です。
夜の23時まで営業している店舗も多いので、その時間であれば、会社から帰ってきて本を売りにいける方も多いはずです。